自宅に郵送物が届かないようにする

キャッシングをしたいのに、家族がいてバレる恐れがあるという人は、これからご紹介する3つのコツを守ってキャッシングしてみてください。

 

郵送物

キャッシングをしていて家族バレしたという人の多くは、自宅へ郵送物が届き、それを家族が見たためにバレたというケースがあります。申し込みをして審査に通過しても、契約書などの書類がキャッシング会社から届き、それを家族が見てキャッシングに申し込んだ事実がわかってしまうということがあるのです。

 

郵送物を自宅に届かないようにするには、申し込みの段階から気をつけておく必要があります。最近はWEBで手続きがすべて完了するサービスを提供しているところが多いですから、そういったサービスを使うことで避けられます。WEB申し込みは本人確認書類もアプリや写メでOKなので、非常にやりやすく、家族バレもしにくいという点が挙げられます。

 

自動契約機か局留めを使う

郵送物が自宅に届くという問題もありますが、ローンカードが自宅へ届くということもあります。カードが送られてきて、それを家族が開封してしまうとか、郵送物自体を家族が見て、これは何だろうと思われてしまうこともあります。

 

こういった問題を解決するためには、自動契約機を使う方法があります。大手キャッシング会社は全国に自社の自動契約機を設置しています。WEB申し込み後、審査結果で融資が可能という結果が出たら、その結果を見てから自動契約機に行き、ローンカードを発行してもらうという流れになります。

 

自宅近くに自動契約機がなければ、郵便局の局留めにするという方法があります。自宅近くの郵便局にカードを置いてもらっておいて、局留めという形を取ります。そしてその後に自分が郵便局に受け取りに行くという形を取れば、家族バレをしないでキャッシングをするには自動契約機や郵便局留めという方法を取るという2つの方法があります。

 

借入方法

最後はお金を借りる方法についてですが、カードを使ってATMからお金を借りることが家族バレを防ぐコツとなります。口座振込を使ってしまうと、明細発行により、自宅に届いてしまいますので、そこからバレる恐れは多分にあります。ですからキャッシングを使ったことがバレないためには、ATMを使うことが一番です。

 

明細書の発行を止めてほしいと思っても、それは法律で決まっていますので不可能です。貸金業者へ義務付けられているものですから、明細書の発行が嫌ならばATMを利用してのキャッシングを利用しましょう。コンビニATMを使ってキャッシングをしたことのある人はお分かりでしょうが、ATMを使うと明細書が発行されてきますので、それ以上、自宅に明細書が郵送されてくることはありません。

 

キャッシングをする上で大事なことは、返済をきちんとして、滞納をしないということです。滞納をすると最初は携帯電話に連絡があります。数日ぐらいの遅れならばすぐに返済すれば大丈夫ですが、そういった催促が続いても返済が滞ってしまった場合などには督促状が自宅に届く事態になってしまい、その時点で間違いなく家族にバレてしまいます。

 

家族にバレずにキャッシングを使う方法をご紹介してきましたが、利用前にきちんと返済ができるのかどうかを確かめてから借りるようにしましょう。もし返済に難ありと思ったなら、家族へ相談などをしてなんとか返済できるように考えることです。黙っていてもいいことはありませんので、きちんと返済していけるように頑張りましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日