住宅ローン中は有利にも不利にもなります

住宅ローンを組んでいる間でもキャッシングの利用は可能ですが、大きなローンを抱えている最中なので不利になるかと思えば、実は逆に有利になるケースもあります。

 

住宅ローンは銀行からお金を借りているローンなので、同じ銀行のカードローンを利用する場合は審査が有利になることがあるのです。ですがまだ返済期間がかなり残っている場合は有利には働きません。住宅ローンは金利の方が先に充填される仕組みになっていますので、支払いを始めて間もない頃は元金は全く減っていません。

 

このような時にカードローンの申し込みをした場合、審査を通るのは難しいと言えます。また返済の遅延があったような場合はまず審査で落とされてしまいます。逆に住宅ローンを組んでからそれなりの年月が経過し、きちんと返済を続けている場合は審査を通りやすくなる傾向があります。これはその人には信用があると判断されるからです。

 

この点については消費者金融の場合も同じようなことが言えますが、借入残高があっても、長期間返済をきちんと行っている人は信用できると判断される傾向があります。消費者金融も銀行もお金を借りてもらい、その金利を利益にしています。ですのでまず貸さなくてはその利益を得ることができません。もちろんできるだけ信用できる人に借りてもらいたいと考えていますので、長期間きちんと返済している人は信用できそうだと判断する訳です。

 

消費者金融の場合は

銀行と比べて消費者金融の場合、多少不利になることが多いと考えてください。ですが一概にそうともいえません。住宅ローンの返済をきちんと続けている場合は銀行と同じくそれが信用になりますので、有利に働くことがあります。消費者金融で一番チェックされる点は、毎月の支払額です。住宅ローンを組んでいる場合、毎月その返済額を背負っている訳なので、そこに更にキャッシングの返済分が上乗せされても返済が可能かという点です。

 

アパートや借家などに住んでいる場合、キャッシングの申し込みの際にその家賃を記入します。住宅ローンを組んでいる場合はその代わりに毎月の返済額を記入することになりますが、一般的に考えてそれが家賃相場より低い場合、住宅ローンを組んでいる間であっても毎月高い家賃を払っている人より毎月の支出額の面で有利になることがあります。要は返済に不安さえ無ければいいのです。

 

住宅ローンは総量規制の対象外

キャッシングには総量規制というものがあります。これは年収の1/3を超える借り入れはできないという規定ですが、住宅ローンを組んでいるということは、場合によっては何千万円もの借り入れを行っていることになります。それが年収の1/3以内の金額だという人であれば、わざわざそんなローンは組みません。

 

この住宅ローンのような目的別のローンは総量規制の対象外になっています。目的別のローンは他には車の購入費にするカーローンや結婚資金にするブライダルローンなどがあります。こういった使い道が決まっているローンは審査に合格すれば総量規制とは別に借り入れを行うことができます。

 

ですので住宅ローンの残りの借り入れ残高がいくらあっても、これに引っ掛かることはありません。この総量規制は消費者金融や信販カード会社からのキャッシングに適用されますが、住宅ローンの残りの支払いが問題で審査に通らないということはありません。

 

ですがやはり毎月の住宅ローンの返済額がありますので、そこに新たにキャッシングをする分の返済額を加えた額になってもきちんと支払いが行えるかどうかという審査になります。今回のキャッシングの返済額以外の定期的な支払いが既にある分、どうしても何も返済がない人と比べた場合にほんの少しでも不利になると思ってください。

 

これは銀行でも同じですが、きちんと返済ができるかどうかを見極めるのが審査です。上にも書きましたが、毎月の返済額が家賃相場より低い場合は有利にもなりますし、また高い場合は不利にもなります。そういった条件を総合的に判断して審査されますので、住宅ローンを組んでいるからといって必ず不利になるとも限りません。逆に有利になることもあるということです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日