載ってしまうと色々な問題が!

ブラックリストという言葉はキャッシングを利用している人なら一度は聞いたことがあると思います。もしやそういったファイルのようなものがあり、キャッシング業者の中で貸し借りされているのではないかと思ってしまいそうですが、実際にそういったファイルがある訳ではありません。

 

キャッシングだけに限らず、クレジットカードで買い物をした際も同じように、その借り入れ額や代金はきちんと決められた返済日に支払って利用するものです。このような各個人の利用状況や支払い情報を記録している個人信用機関というものがあります。これは国から指定を受けた機関で現在は3社あり、基本的に情報を共有しています。

 

返済日に支払うことができなかった等の「事故」を起こしてしまうと、この信用機関にその情報が残ってしまいます。この事故が重なり、酷い状況だと判断されてしまうことを「ブラックリストに載った」と呼んでいます。

 

載ってしまう理由とは?

この信用機関には、各個人がキャッシングやクレジットカードを利用した状況がこと細かく記録されています。それらを利用すると、現在何件の借り入れを行っているか、借入残高はどれくらいか、返済状況で遅れたことはないか等、全て記録されます。

 

一度返済日に遅れてしまったくらいでいきなりブラックリストの対象となってしまうようなことはありません。事故記録としては残りますが、滞納が1日だけであれば、それが原因で今後の融資や契約に問題を及ぼすまでには至りません。
ですが1日でも滞納は滞納として扱われますので、これが何度も続くようなことがあると、その情報を見た人にこの人は信用できないと判断されてしまう原因になってしまいます。こうなってしまうと新たな借り入れや契約が難しくなる可能性が高くなります。

 

滞納でブラックリスト入りしてしまう人は悪質性が高いと判断される傾向にあります。融資をしても返済をしない人なので、キャッシング業者としては一番相手にしたくない対象です。何ヶ月も滞納するような人は、まず間違いなくブラックリスト入りしていると思ってください。

 

どうしても自力での返済が厳しくなった場合、債務整理という方法があります。これは司法書士や弁護士に依頼し、現在の借り入れ額をある程度まで減らしてもらう代わりに今後は新たに立てた返済計画に沿ってきちんと返済するという方法です。中には自己破産という手段もあります。

 

これは法的に認められており、多重債務に陥った人を救う為の救済策です。ですがこの債務整理を行うと、ブラックリストに載ってしまいます。きちんと返済が出来なかったということなので、キャッシング業者はそのような人にはお金は貸せないからです。

 

載ってしまったら?

キャッシングの契約時やクレジットカードを作る際には必ず審査がありますが、この時に住所や職場などの確認と一緒に、信用機関に載っている情報を確認しています。ここでブラックリスト入りしていると分かった場合、審査には絶対に通りません。

 

貸す方の立場にから見れば分かることですが、大切なお金を貸しても返してもらえない人には絶対に貸さないと思います。このようにブラックリスト入りしてしまうと、キャッシングの利用やクレジットカードでの買い物は出来なくなります。
また、車を買う際のローンや住宅ローン等も一切利用出来なくなります。

 

あらゆる業者よりお金を借りるという行為全般が出来なくなりますので、高い買い物をする際にも全て現金で支払わなくてはなりません。こうなってしまうと普通に生活をしていく上でも大変不便だと思います。

 

載った情報は消えない?

載ってしまったとしても、一生残ってしまうものではありません。一定期間が経つと消えるようになっています。信用機関は3社ありますが、5年間経過すればそのどこからも記録は抹消されます。支払いの滞納と債務整理がブラックリストに載ってしまう原因ですが、滞納の場合は滞納が解消されて5年間です。

 

滞納を続けている場合は載り続けている状態になります。債務整理の場合、きちんと手続きが完了してから5年間です。債務整理を行うと決めた場合、少しでも早くきちんと手続きを完了させることが大切です。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日