他社からの借り入れが影響することがあります

既に他社から借り入れがある場合、やはり次のキャッシングの審査は厳しくなる傾向があります。

 

ですが一概にそうだとは言い切れない面があり、きちんと返済を続けている場合は反って審査に通りやすくなることもあります。

 

他社から借り入れがある方が有利になることがある?

普通に考えた場合、他社から借り入れがある場合は審査が厳しくなりそうな気がしますが、実はそうではない場合があります。それはその他社からの借り入れをきちんと返済し続けている場合です。遅延などがあった場合は別ですが、返済日にきちんと返済を続けていると、この人はきちんと返済をする人だという印象を与えることができます。

 

キャッシング会社では今まで全く借り入れを行ったことがない人より、借り入れがあっても、それをきちんと返済をしている人の方を信用する場合が多くあります。これは全く借り入れを行ったことがない人は返済をしたこともない訳で、今後きちんと返済をしてくれるか分からないからです。その点できちんと返済している人の方が信用できるという考え方ができるからです。

 

ですがその他社からの借り入れに対してきちんと返済をしていないような人は問題外です。そのような人にお金を貸すことはできません。またこの返済の遅延は何度か重なると、信用情報に大きく響いてしまいます。そうなってしまうと新たな借り入れどころか現在の借り入れの一括返済を求められることもあります。返済はきちんと行いましょう。

 

総量規制というものがあります

他社からの借り入れがある場合、それが総量規制に引っ掛かる元になってしまうことがあります。この総量規制とは貸金業法で決められている規定で、年収の1/3を超える借り入れはできないという決まりです。

 

例えば年収が300万円の場合、既に他社から70万円の借り入れがあると、あと30万円で年収の1/3に達してしまいます。ここで50万円の借り入れを申し込んだ場合、この総量規制に引っ掛かってしまう為、審査を通ることはありません。これは法で決められている規定なので、どこのキャッシング会社でも同様です。

 

例外として、銀行からの借り入れはこの総量規制の対象外になります。銀行には貸金業法は適用されない為、他社からの借り入れ額と合わせて年収の1/3を超えてしまっても大丈夫です。ですがそれはあくまで法律上の問題で、やはり年収の1/3を超えるような場合は審査で落とされることが多いと思ってください。

 

法律上問題がないのと、きちんと返済をしてもらえるかどうかは全くの別の問題です。年収が300万円で既に70万円の借り入れがある場合、30万円程度の借り入れしか行えない場合がほとんどだと思ってください。ですがこれはフリーローンの場合で、目的別ローンの場合は話が異なります。

 

この目的別ローンとは、借り入れたお金の使い道が決まっているローンのことを言います。例えば車の購入費に充てるカーローンや結婚資金に充てるブライダルローンなどがそれに当たります。こういった目的別ローンの場合、フリーローンとは審査基準が違うので、合計して年収の1/3を超えてしまうような場合でも問題なく審査を通ることがあります。

 

借り入れている先によって信用度が違ってくる?

他社からの借り入れがある場合、それが銀行からか、それとも消費者金融からかで審査での判断が変わってくることがあります。同じ消費者金融から借り入れがある場合でも、プロミスやアコム、モビット、アイフルといった大手からの借り入れの場合と、独自審査をうたっているような中小の消費者金融からの場合では信用度が変わってきます。

 

中小の消費者金融は金利も法定ギリギリの額のことが多く、そういったところから借りるということは、よっぽど切羽詰っていると思われてしまいます。よってそのような人にお金を貸すのは難しいと判断される原因になってしまいます。同じ額を借り入れている場合でも消費者金融と比べて審査が厳しい銀行からの場合は一番信用される傾向があり、次が大手の消費者金融、そして中小の消費者金融の順番になります。もちろん先の方ほど新たな借り入れが行いやすいと思ってください。

 

借り入れ件数も大事です!

同じ額を借り入れている場合は銀行や大手の消費者金融の方が信用があると書きましたが、それに加えて借り入れ件数も大事になります。同じ70万円を借りているとしても、1社から70万円を借りている場合と、2社から30万円と40万円と借りている場合では、1社から70万円の方が信用があると思ってください。

 

1社で比較的大きな金額の借り入れを行えるということは、それだけそのキャッシング会社から信用されているということになります。借り入れ件数が少ないほど新たな借り入れを行いやすいと思ってください。基本的に借り入れ額が多いほど、金利は下がります。小さい金額を細々と色々な会社で借りてしまうと金利の面でも損をしてしまいます。そのような借り方は次のキャッシングの契約のことも考えて、やめておきましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日